2013/10/02

【セミナー】 ビジネス英語の学び方を考えるセミナー 10/4(金) 東京/渋谷

--------------------------------------------------
■■■ ビジネス英語の学び方を考える ■■■
   アジアITビジネス研究会主催 10/4(金) 東京/渋谷
--------------------------------------------------
■『スティーブ・ジョブズが教える実践英語トレーニング』(総合法令出版)
 『日産を甦らせた英語』(光文社)など数々の著作を持つ安達洋氏と
 ゲスト講師として日本ディベート協会副会長の瀬能和彦氏を
 お招きしてお話を伺います。
 セミナーのテーマは、ビジネスパーソン向けの「英語学習の落とし穴」、
 そして、「真にビジネスで通用する英語力を身につける方法」です。

■「ビジネス英語」というアジアITビジネス研究会で初めて取り上げるテーマです。
 日本企業の中国からASEAN各国へのシフトが進む中、
 アジアビジネスの共通言語として「英語」が再び脚光を浴びています。
 しかし、真に実践的な英語力を持つ人材育成という点で、
 日本企業やビジネスパーソンの多くは課題を抱えているのが現実です。

■内容
・TOEICでハイスコアを出すことではなく、何を目標にすべきか?
・ネイティブ流の正確な発音や文法力を身に着けることは必要か?
・英語でビジネスを推進するために、本当に必要なスキルとは
・「東京オリンピック」誘致を決めた最終プレゼンに学ぶ、ビジネスで求められる英語力とは

--------------------------------------------------
■実施要綱
--------------------------------------------------
日 時:10月4日(金) 19:00~20:30(18:30受付開始)
会 場:渋谷区立勤労福祉会館 第2洋室(渋谷区神南1-19-8)
最寄駅:渋谷(JR山手線/埼京線/湘南新宿ライン、東京メトロ
 銀座線・半蔵門線・副都心線)徒歩5分
 http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kinro.html
定 員:50名(申込先着順)
参加費:1,000円(当日、会場受付にてお支払いください)

≪ご注意ください≫
 今回の会場はいつもの「南部労政会館」(大崎)ではありません。
 お間違えのないよう、お願いいたします。<(_ _)>

■講師: 有限会社ラーナーズジム 代表取締役 安達洋氏
      ThinkHard 代表 瀬能和彦氏

■略歴 安達洋氏
 1964年生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。通勤時間などの
 細切れ時間を使いながら英語を習得し、海外留学経験ゼロから
 外資系医療機械商社へ転職。プロダクトマネジャーなどを務めた後、
 コロンビア大学大学院に進学し、修士課程(英語教授法)を修了。
 現在は研修講師集団ラーナーズジムを主宰し、東証一部上場企業を
 はじめとする多くの企業の社員英語研修を10年以上にわたり請け負う。
 最近は異文化コミュニケーション、ロジカルシンキング、知財戦略、
 現地語戦略など企業が必要とする様々なグローバルスキルを広く扱う
 講師集団に拡大中。著書多数。最近の主な著作は下記・・・。
・『日産を甦らせた英語』(光文社)
・『スティーブ・ジョブズが教える実践英語トレーニング』
・『1日5分ビジネス英語トレーニング』、『1日5分ビジネス英単語トレーニング』
・『英語でロジカルに伝えられるようになる本』瀬能和彦氏との共著
・『TOEIC300点でも世界で戦える英語術』(以上、総合法令出版)
・『英語を日本語で学ぶ本』(PHPビジネス新書)
 ブログ「安達洋の企業研修レポート」
 http://ashitawahareruyo.blog.ocn.ne.jp

■略歴 瀬能和彦氏
 1964年生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。ThinkHard代表。
 日本ディベート協会副会長、日本社会人ディベート連盟顧問、
 芝浦工科大学講師、ラーナーズジム提携講師などを兼任。日本語及び
 英語ディベートの研修講師を20年以上にわたり社会人、学生向けに行っており、
 高度な内容をわかりやすく説明する講義で定評がある。
 また、自身もディベーターとして日本語、英語による各種ディベート大会に参加し、
 多くの大会で優勝している。2004年には、第10回「ザ・デイリー・ヨミウリ」主催
 社会人英語ディベート大会で優勝。最近ではビジネスに必要な思考力、
 コミュニケーションを効果的に学ぶ手法としてディベートトレーニングを推奨しており、
 企業や官公庁向けセミナーや研修で活躍中。安達洋氏との共著で『英語で
 ロジカルに伝えられるようになる本』(総合法令出版)。

http://www.asia-it.biz/event_schedule.php?acnm=detail&did=2508

コメントを投稿