2013/09/24

DellがAcerを抜いて2014年にトップ3のノートPCブランドになる見込

サプライチェン筋によると、MicrosoftのWindow XPの技術的サポートが2014年4月に終了するのが引き金となり、ビジネス用ノートPCの買換えが増加し、この動きが他社よりもビジネスモデルに焦点を合わせているDellに大きな利益をもたらし、Acerを抜いて2014年にトップ3ノートPCブランドになる可能性がある。ノートPCメーカは通常、主に政府部門と企業の購買スケジュールに左右されるため、ビジネスモデルの大量出荷に依存していない。しかしタブレットPCとスマートフォンとの競合により、コンシューマモデルの需要が縮小したため、ビジネスモデルがノートPC供給企業の成長の源になっていると、同情報筋は述べている。Dellは、ビジネス市場に焦点を当て続け、特に上場廃止後に同市場へ焦点を当てていると同筋は付け加えている。IDCによると、Dellは2013年上期に世界市場に928万5,000台を出荷し、981万4,000台のAcerに次ぐトップ4にランクされている。(130921/BOC)

コメントを投稿