2013/09/16

SK Hynixの中国工場の爆発事故、DRAMのスポット価格を上昇させる

DRAMeXchangeによると、SK Hynixの中国工場の爆発事故により、9月5日、DRAMのスポット価格が実質上昇しているという。爆発事故が世界のDRAMの供給、チップメーカ、及びモジュラメーカが、生産量の管理、または価格提示の停止に動き、その結果価格を上昇させるという懸念がある。さらに同社は、2Gb DDR3チップのスポット価格が9月5日にほぼ20%上昇し、一方、4Gbは10%以上上昇していると示唆している。SK Hynixは世界2位のDRAM供給企業である。SK Hynixは2013年第2四半期、世界のDRAM市場の30%の市場シェアを獲得している。Hynixは爆発事故に関して、現在、損害程度を見積もっていると述べている。同社は、主要生産設備への損害はなく、そして、クリーンルームには被害はないと述べている。SK Hynixは、短期間で操業が再開できると示唆している。(130911/BOC)

コメントを投稿