2013/09/12

Quantaと Compal、Acerの2014年のノートPCトップOEMパートナーに

業界情報によれば、QuantaとCompalはそれぞれ AcerのノートPCの2014年向けオーダの約40%を獲得し、2013年にAcerの2位のサプライヤであったWistronは3位になったという。さらに関係者によれば、Acerの2014年のノートPC出荷台数は 2100~2200万ユニットで、QuantaとCompalはそれぞれ 800~900万ユニットを請け負う見通しであるという。また、Wistronについては 2014年は300~400万ユニット(15~20%)となり、2013年の600~700万ユニット(35%)から減少する見通しであるという。(130906/BOC)

コメントを投稿